はじめてのおつかい〜日本テレビ番組

はじめてのおつかい〜日本テレビ番組

はじめてのおつかいの過去映像が無料で視聴できます。
(会員登録が必要)

 第2日本テレビ
  http://www.dai2ntv.jp/

撮影の工夫
はじめてのおつかいは、幼児期の子供が一人でお使いに行くという、危険な面をはらんでいますので、子供の身の安全に危険が及ばないよう、細心の注意を払って行なわれるそうです。
同行するスタッフはやはりカメラマンが圧倒的に多いようですが、子供の安全確保専門の監視用スタッフもいるそうです。

幼児期の子供は感受性が非常に豊かです。いろいろな刺激をそのまま心に受け止め、多感な幼児期を過ごしていきます。時には辛い思いもするでしょうが、それを乗り越えることで豊かな人格が形成されていくのだろうと思います。もし、その子の周りにいる大人がそういう環境を排除してしまったら、その子はいつまでたってもかごの中の鳥でしかありません。
そういうことがわかっているからこそ、一人旅という冒険をあえてさせる『はじめてのおつかい』は多くの人の共感を呼んだのだと思います。

<はじめてのおつかい作品紹介>
山中湖の自転車
ナスと洗剤のおつかいを頼まれた男の子の兄弟。ナスはすんなり買えましたが洗剤は見つからず、、、薄暗くなる道を頑張って帰る姿に感動です。


手術の母さん、おダイジに
手術を受けるお母さんを病院に送り、一人で帰る物語。横断歩道を渡り、バスに乗り、、、小さな子供には大変な大冒険ですが、お母さんを思いやる姿に感動する作品です。


第2日本テレビで視聴できます。
  http://www.dai2ntv.jp/