はじめてのおつかい〜絵本

はじめてのおつかい〜絵本

この『はじめてのおつかい』は、日本テレビの番組ではなくて、幼児向け絵本の『はじめてのおつかい』です。

1977年に発行されたということですから、大変なロングセラーですね。幼児向けの絵本にロングセラーが多いというのは、幼児期の子供というのは、思考や行動が比較的簡単であり、受けてが幼児期の子供であれば、その琴線に触れるのにそれほど多くのバリエーションを必要としない、というのが背景にあるのかもしれません。

もっとも、幼児とはいっても子供達は千差万別。いつもニコニコしている子、ブスっとしている子、泣き虫に怒りんぼ、いろいろです。

絵本『はじめてのおつかい』は、5歳のみいちゃんが主人公。ママから頼まれたおつかいをとまどいながらも実行していく様子がうまく書かれていて、昔から非常にファンの多い絵本です。

<以下amazonの商品説明より引用>

赤ちゃんの牛乳を買ってきてほしい、とママに頼まれたみいちゃん。100円玉2つをにぎりしめ、坂の上にあるお店まで、さあ出発。でも転んでお金を落としたり、必死に呼んでもお店の人が出てきてくれなかったり、とまどうことがいっぱいで…。

困難に直面する度に、みいちゃんの胸は不安と緊張でぱんぱんにふくらんでいく。でも、しっかりと芽生えた強い責任感が、前へ一歩、足を踏み出させる。お店のおばさんのやさしい対応でやっと牛乳を買うことができ、がまんしていた涙を「ぽろん」とひと粒落とした時、すっかり感情移入して張り詰めていた読み手の心も、一緒にはじけることだろう。

細部まで作りこまれた街の様子や、見守るような目線で描かれるみいちゃんの後ろ姿、決して大げさではないが豊かな、人々の表情。丹念に描かれた絵のひとつひとつからも、たくさんのことが伝わってくる。

<引用終わり>

幼児期のお子さんをお持ちの方には特にオススメの絵本です。