はじめてのおつかい

2007年02月22日

はじめてのおつかい〜日本テレビ番組

はじめてのおつかいの過去映像が無料で視聴できます。
(会員登録が必要)

 第2日本テレビ
  http://www.dai2ntv.jp/

撮影の工夫
はじめてのおつかいは、幼児期の子供が一人でお使いに行くという、危険な面をはらんでいますので、子供の身の安全に危険が及ばないよう、細心の注意を払って行なわれるそうです。
同行するスタッフはやはりカメラマンが圧倒的に多いようですが、子供の安全確保専門の監視用スタッフもいるそうです。

幼児期の子供は感受性が非常に豊かです。いろいろな刺激をそのまま心に受け止め、多感な幼児期を過ごしていきます。時には辛い思いもするでしょうが、それを乗り越えることで豊かな人格が形成されていくのだろうと思います。もし、その子の周りにいる大人がそういう環境を排除してしまったら、その子はいつまでたってもかごの中の鳥でしかありません。
そういうことがわかっているからこそ、一人旅という冒険をあえてさせる『はじめてのおつかい』は多くの人の共感を呼んだのだと思います。

<はじめてのおつかい作品紹介>
山中湖の自転車
ナスと洗剤のおつかいを頼まれた男の子の兄弟。ナスはすんなり買えましたが洗剤は見つからず、、、薄暗くなる道を頑張って帰る姿に感動です。


手術の母さん、おダイジに
手術を受けるお母さんを病院に送り、一人で帰る物語。横断歩道を渡り、バスに乗り、、、小さな子供には大変な大冒険ですが、お母さんを思いやる姿に感動する作品です。


第2日本テレビで視聴できます。
  http://www.dai2ntv.jp/



very7777 at 06:00 この記事をクリップ!

2007年02月21日

はじめてのおつかい〜日本テレビ番組

はじめてのおつかいの過去映像が無料で視聴できます。
(会員登録が必要)

 第2日本テレビ
  http://www.dai2ntv.jp/


はじめてのおつかいっていう番組は、もともとは日本テレビでやってたドキュメンタリー番組の、『追跡』という番組内の1コーナーだったそうです。あまりの反響の大きさに、この番組が終了後、特別番組として『はじめてのおつかい』スペシャルが放送され、現在に至っています。

生まれてはじめて一人でおつかいに行く、幼児ともいえる小さな子供とそれを心配そうに見守るママさん。育児真っ最中のママさんやパパさんなら、他人事ではない気持ちで番組に見入ってしまったのではないでしょうか?

幼児教育が盛んになっている昨今、実は、幼児期にはこういう経験こそ必要なのかと多くの人、とりわけ育児中のご家庭や幼児教育、初等教育関係者には
考えさせられる場面が多々あることと思います。

<はじめてのおつかい作品紹介>
バツいちかあさん
贅沢を控え、子供たちが何かを欲しがっても「買ったつもりで・・・」と言っては我慢していたお母さんが考えた一世一代のおつかい。あれもこれもとお買い物した子供達に待っていた帰り道の試練・・・。


おサカナ点々
漁に出ていたおじさんからおサカナをもらってくるおつかいの話。大人と一緒なら何のことはない一本道、たくさんのおサカナを持って帰る途中にある試練・・・。9年後の再訪問映像つき
*はじめてのおつかい番組史上、最も反響の大きかった作品。

第2日本テレビで視聴できます。
  http://www.dai2ntv.jp/



very7777 at 20:55 この記事をクリップ!